ボトックスは病院選びが重要【ドクターの技術力が大きく影響する】

高い美容効果を持つ成分

注射

効果と活用方法

ボトックスは、美容医療業界で注目を集めている成分です。しわの改善、小顔効果、多汗症の治療など幅広い分野で使用されており、今後も研究が進められ活用分野を増やしていくものと言われています。そもそもボトックスとは、ボツリヌス菌と呼ばれる菌から抽出されて作られたものです。体に注入すると、注入した部分の筋肉の力を緩めるという大きな特徴があります。もともとボツリヌス菌は毒性の強いものですので、安全に薄めて抽出したボトックスにもその作用がある、ということになります。この特徴を活かし、例えばしわの改善のための治療では、しわが出来る原因となる表情筋にボトックスを注入します。口元や目じりは、笑った時にしわが出来やすく、それは筋肉が影響しているため、ボトックスを入れることで力が入りにくくなり、しわの改善、予防効果が期待出来る、というわけです。治療はとても簡単で、決められた量の成分を、注射器で口元や目じりの筋肉に注射する、というだけです。量には個人差があり、打つ場所は医師がチェックして最も効果の高いと予想される場所に打ってくれます。注射するだけなので痛みはチクっとする程度でほぼなく、時間もまったくかかりません。さらに一度治療を行うと、効果は半年程度持続すると言われているので、何度も病院に通う必要もありません。また、一度注射を打った際の料金は、クリニックによって異なりますがおよそ2〜3万円程度と良心的です。このように、手軽で簡単、そして低料金で出来る美容治療ということで口コミが広がり、現在多くの女性から支持を集めている治療なのです。他にも、小顔になるための治療としてボトックスは活用されます。顔が大きい、顔が四角い、などのコンプレックスの原因は、頬に張ったエラにあります。そして頬のエラは、咬筋と呼ばれる筋肉の異常発達によって出来てしまいます。歯を噛みしめるクセがある、歯ぎしりをしている、片方の奥歯でしか物を食べない、などの習慣がある人は、咬筋が発達しやすく、エラも出来やすくなってしまいます。そこでボトックスを咬筋に注入すると、噛みしめのクセが治り、力が入りづらくなります。そうなることで、徐々にエラが消えていき、小顔効果が期待出来るという仕組みになります。筋肉の力が緩む、という効果について不安に感じる人も多いですが、食事が摂れなくなる、表情が作れなくなる、といったような重度の弛緩は起きません。あくまで自然に近い形で筋肉が弛緩するため、日常生活が不便になることはありません。ただし、中には、副作用でかゆみや痛みが出たり、筋肉がうまく動かせなくなったりしてしまう場合もあります。重度の場合は医師に相談する必要がありますが、ほとんどの場合何日か様子を見ると副作用は収まることが多いため、まずは経過を見るようにすると良いでしょう。また、筋肉弛緩の特徴だけではなく、ボトックスに含まれる成分の効果によって、ワキなどの多汗症を治療することも出来ます。ワキにある汗腺に注入することで発汗作用を抑え、汗ジミなどのコンプレックスを解消出来ます。このように多くの分野で活躍するのが、ボトックス最大のメリットと言えます。